メインイメージ画像

コンタクトレンズの選び方はライフスタイルに合うかどうかです

視力が悪く、メガネをかけている場合はコンタクトレンズを一度試してみてみましょう。コンタクトレンズと言うと、眼の中に異物を入れるので、最初は怖いかもしれませんが、慣れて来るとメガネに比べて大変便利です。

では、コンタクトレンズには、どんな種類があるのかと言うと、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズがあります。
ソフトコンタクトレンズの特徴として、水を含む素材でできた角膜を覆う大きなサイズのコンタクトレンズです。素材が水分、涙を含み、その涙を通して角膜に酸素を届けます。

ソフトコンタクトレンズの特長は装着感の良さになります。素材が柔らかく薄いため装着感が良く、装着開始直後から違和感が少ないコンタクトレンズです。ずれ難いので、スポーツをやっている人におすすめです。次に、ハードコンタクトレンズの特徴として、素材がほとんど水分を含まない、角膜より小さなサイズのコンタクトレンズです。ハードコンタクトレンズの特長は安全性です。

ハードコンタクトレンズは目に必要な酸素を大量に角膜へ届けることができます。また、目に異常があった時にすぐに気づくため、大きなトラブルになりにくいコンタクトレンズです。しかし、使い始めの時は、異物感があって慣れるまで時間が掛かる場合があります。

では、コンタクトレンズはどうやって選ぶべきかと言うと、コンタクトレンズには使用寿命があります。交換頻度によるコンタクトレンズの種類は、大きく分けて1枚のレンズを1年半から、2年くらい使用する従来タイプと短期間で新しいレンズに交換する使い捨てタイプの2種類に分かれます。