メインイメージ画像

コンタクトレンズは正しく使い正しい捨て方を心掛けましょう

使い捨てコンタクトレンズを使用していて、捨てる時、捨て方を気にした事はあるでしょう。では、どの様にコンタクトレンズを捨てるのが正しい捨て方かということです。

まず理解しておきたいのが、使い捨てのコンタクトレンズには、1カ月使い捨てタイプ、2週間使い捨てタイプ、1日使い捨てタイプなどがあるということです。ここで注意してほしいのですが、1カ月使い捨ては、1カ月使えるコンタクトレンズと思いがちですが、実は違います。

開封してから1カ月使えると言う事ですので注意してください。ですので、1日使い捨てコンタクトレンズの場合は、外したら、再度装着は絶対にしないでください。また、絶対にしてはいけないのは、使用期限が切れているのにもかかわらず使い続けることは絶対にしてはいけない行為になります。あとは、コンタクトレンズをつけっぱなしで眠る事もしてはいけません。

必ずコンタクトレンズを外してから眠りましょう。コンタクトレンズと角膜がくっついて、取れなくなることがあり、外すときに角膜も傷ついて、眼病になってしまう危険が高いです。

ごくまれにですが、使い捨てコンタクトレンズを使用している人の中にはコンタクトレンズを使用後、洗面所にそのまま流して捨ててしまう方がいらっしゃいます。コンタクトレンズの材質は自然では分解されないので、そのまま流してしまうとつまりの原因になりますので、そのまま洗面所には流してはいけません。

たった一本の髪の毛が排水管内に引っかかり、それに次々異物が引っかかり、やがて配水管を塞いでしまいかねないからです。

では、使い終わったコンタクトレンズは、どの様に捨てれば良いのかと言うと、その捨て方は各自治体によって異なります。
一般的には、ティッシュに包んで、燃えるゴミに捨てましょう。また、使用後のコンタクトレンズを、外してそのままにしておくと、乾燥して粉々に割れてしまう事がありますので、1日使い捨てコンタクトレンズ以外のコンタクトレンズは、外したらきちんとこすり洗いをして、消毒液に入れておきましょう。