メインイメージ画像

コンタクトレンズの正しい洗い方が良いケアにつながります

コンタクトレンズの毎日のケアは大変です。正しいコンタクトレンズの洗い方についてです。ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズ共に共通する基本的な洗い方があります。

コンタクトレンズは、高度管理医療機器です。毎日手を抜かずに正しい方法で毎日行いましょう。次に、こすり洗いをすることです。

なぜこすり洗いが必要なのかと言いますと、こすり洗いで汚れを落とすことが目的です。つけ置きだけの洗浄では汚れは浮き上がらせることはできても、元になる汚れが落ちないからです。洗浄成分を含む専用のケア用品を使ってこすり洗いをすることにより、外部から付着してくる汚れ、脂質やタンパクといった体の中から分泌される汚れを落とすことができます。ですので、必ずこすり洗いをすることが必要です。次に、医師から指導されたケア用品を使用することです。コンタクトレンズの種類によってもケア方法が異なります。

したがって、処方した眼科医から指導を受けたケア用品を使用する事が大切になります。

コンタクトレンズの洗浄は、コンタクトレンズの装用前と後に必ず行うことが必要です。最近、洗浄では薬品によるコールド消毒が主流になりつつあります。コンタクトレンズの洗浄、すすぎ、消毒、保存が全て1液で済むコンタクトレンズケア用品も発売されています。コンタクトレンズケアは簡単になりつつありますが、それが手抜きなどにつながり眼の障害に結びつくケースもあるので注意しましょう。ちなみにコールド消毒は消毒力が弱いので、装用直前の洗浄を必ずしないと感染症の原因となります。



コンタクトレンズを取り扱う際の注意事項にも注意する事が必要です。爪は丸く滑らかに切っておきます。何故かと言いますと、爪に引っかかってコンタクトレンズに傷をつけたり、やぶいたりしてしまうことがあります。次に、コンタクトレンズを取り扱う前は必ず手指を石鹸でよく洗います。よくありがちなのが、コンタクトレンズを外すときに手を洗わない人が多いので注意が必要です。