メインイメージ画像

コンタクトレンズのアフターケアは大切です

コンタクトレンズを使用する場合は、アフターケアをしっかり行うことが大切です。コンタクトレンズは瞳の上に直接乗せて使うため、涙に含まれるたんぱく質やカルシウム、脂肪などや化粧品などがレンズに付着します。これらをそのままにしておくと、レンズの汚れや曇りとなり、目にトラブルを生じたり、視力が出にくくなったりします。そのため、適切なアフターケアを行っていかなければなりません。毎日のケアで安全に、また清潔に保つことが大切です。まず、コンタクトレンズを装着したり外したりする際には、手を石けんできれいに洗いましょう。手の汚れがコンタクトレンズに付くと、取れなくなる場合があります。

最近のコンタクトレンズのケアは、ソフトレンズもハードレンズも、1本の液で洗浄、保存、消毒を行うものが一般的になっています。洗浄保存液は、ソフトレンズ用、ハードレンズ用と、それぞれ専用のものがありますので、使用するレンズのタイプに合わせて選びましょう。ソフトレンズの洗浄保存液は、1dayタイプの使い捨て以外のものに使用します。まず、レンズに洗浄保存液を適量つけて、レンズの表と裏をこすり洗いします。すすぎも洗浄保存液で行いましょう。レンズケースに洗浄保存液を満たして、レンズの左右を間違えないようにしまい、そのまま次に使うタイミングまでつけ置き保存をします。レンズを装着している時は、レンズケースは水道水で洗って、よく乾燥させておきます。レンズケースも使っていくうちに汚れが付着してきますので、定期的に交換することが必要です。洗浄保存液にはレンズケースも付属しているものもあるので、新しい洗浄保存液を開ける際にレンズケースも新しくすることができます。ハードレンズのケアの仕方は、まずレンズを人差し指と中指の上に乗せて洗浄保存液をかけます。親指、人差し指、中指の3本で表と裏をよくこすり洗いします。レンズケースのホルダーにレンズをセットして、水道水で洗い流します。レンズケースに洗浄保存液を満たしてレンズをセットして、次に使う時までつけ置きしておきます。レンズを装着する前には、水道水で洗浄保存液をよく洗い流します。使用しているレンズによっては、たんぱく質除去のためのケア用品が別途必要な場合もあります。

コンタクトレンズをより快適に使用するためには、眼科医による定期検診を受ける必要があります。自分で快適に使えていると思っても、年数を経るうちに、度数が変わったり目のカーブが変わったりする場合があり、コンタクトレンズが目に合わなくなる可能性があるためです。また、目に合っていないコンタクトレンズを使い続けることで、目に重大な障害が起こる場合がありますので、3カ月に一度は眼科医を受診して、定期検診を受けるようにしましょう。定期検診では、視力検査や目の上に乗せた時のレンズの動きや位置、目のカーブと合っているかどうかなどを調べます。また、レンズに傷や汚れがついていないか、などを調べます。ハードコンタクトレンズは一度作ると数年にわたって使い続けるため、レンズのチェックは大切な検査です。

コンタクトレンズはデリケートな目の上に直接乗せて使う高度医療管理機器です。コンタクトレンズは眼科医の診察と処方を欠かすことができません。誤った使い方をしたり、適切なアフターケアを行わなければ、目に重大なリスクを負う可能性があることを忘れてはいけません。最近では、インターネット通販などでも手軽にコンタクトレンズを購入できるようになりましたが、それだけに正しい使い方を今一度確認しておく必要があります。決められた装用時間や期間を必ず守ることはとても大切です。特に使い捨てタイプのコンタクトレンズは、決められた日数を超えて使用してはいけません。また、コンタクトレンズを使用していて、少しでも痛みや異物感を感じた時は、すぐに外して眼科医の診察を受けましょう。